2016年09月

WSと展示のお知らせ

君津市にあるcaffe & lifestyle shop 
「コーラル山滝野」さんにて、
ニードルポイント刺繍のワークショップと、
魔女の手仕事の刺繍作品展を
させていただくことになりました。




刺繍WS(2回連続コース)
「イニシャル刺繍のピンクッション」
image

10/13(木):刺繍 11/15(火)仕立て

両日とも、10:00~12:00 

*終了後、ご希望の方には
別途料金で魔女のキッチンのランチ(ご予約制)
もお召し上がりいただけます。



キャンバス地に、刺繍専用のウール糸で刺す
イギリス伝統の刺繍技法です。
今回は、お選びいただいたイニシャルを
丈夫なピンクッションに仕立てます。

材料は、二個分ご用意しますので、プレゼントにも♪
刺繍初心者でも大丈夫。お気軽にご参加ください。

参加費(材料費・お茶代を含む):¥3.500(1回)
持ち物:お手持ちのお裁縫道具


 お申し込み・お問い合わせ

facebookメッセンジャー、LINE、または、

 sato5-needlework★pony.memail.jp
(★を@に変えて送信してください)

件名に「刺繍 申し込み」などと書いていただけると助かります。        
お申し込みの際、ランチのご希望の有無もお知らせください。

万が一、3日以内に返信のない場合は、お手数ですが、
お電話やブログのメッセージにて、その旨お知らせください^^

ご参加、お待ちしておりますm(__)m


魔女の刺繍展
コーラル山滝野さん店内にて
10/1~11/14(期間が延長していただけました♪)
「ウィリアム・モリスの没後120年」と
「コーラル山滝野さん開店16周年」を記念して
恐れ多くも、モリスと魔女の
コラボ展示を開催して下さいます(#^.^#)

店内では、アイアン等のガーデン雑貨の
販売コーナーも充実しており、
(魔女の家のトイレのドアノッカーは、
こちらで購入しました♡)
カフェスペースでは、化学調味料を使わない美味しいお料理や
ハーブティーなどのお飲み物も召しあがれます。


コーラル山滝野さん

千葉県君津市山滝野1309-6
 TEL 0439-50-7736

 定休日:火・水・木
 営業時間:11:00~17:00



お隣は、ナチュラル、無添加の
オシャレなおうちが見学できて、
裏山トレッキングやヤギさんとも触れ合える
「もくもく村」というモデルハウス展示場です^^
(ここは、営業さんが付いたり、記名を
促されることもなく、自由に見学させてくださるので、
私個人的にとても好きです。)
大江戸温泉物語君津の森、も近くです。
詳しい場所は、こちら

お休みに、ご家族でお出かけがてら、
ふらりと立ち寄ってお茶でもいかがでしょうか?



こっそり、お知らせ・・・

お知らせがあります(記事後半です)^^

今週は、私と同じ「整理収納アドバイザー1級」の資格をお持ちの、中村めぐみさんの講座を受けに、木更津の「Pizza & Gelato 窯蔵 」さんへ

2016-09-15-13-48-00
窯蔵(かまくら)さん

こんなに近くに同業(?)の方がご活躍と知って、嬉しくなったのと、いつか行ってみたいと思っていた石窯ピザやさんが会場だったから♪の参加です。

お話していると、彼女は私の一期 後輩と分かり、(私の代までが、最終実技試験に 論文提出があったので)ちょっと いいなー、なんて

めぐみさんの講座は、レジュメが理路整然と 丁寧に作られていて、お話も、落ち着いて聞きやすく、写真を交えての実例などもとてもわかりやすくて、もう・・・私、講座やるのやめちゃおうかなーって思うほど、素晴らしい内容でした。おすすめ♪


そして、講座の後には、念願の窯蔵さんのランチ。
たくさんのメニューの中から、ドリンクとジェラートを選び、ピザはお任せで、ご一緒に参加された方々とシェアしました。

2016-09-15-12-04-19
ポットでたっぷりとサーブされるハーブティー。
生ハムのサラダも、美味しかったです


店主の麻衣さんが、石窯で焼きあがったピザを次々に運んできて下さり、焼き立てをちょっとずつ、たくさんの種類頂く事が出来て、美味しさとボリュームに、大満足

2016-09-15-12-42-32
このほかに、黒オリーブのピザや、カレーのピザもあり、
写真を撮る間もなく次々と食べました!!


この夏は、アイス断ちして願掛けをしていましたが、「これはアイスじゃなくジェラートだからセーフ」ってことでたくさんの種類の中から、迷いに迷ってオーダー

2016-09-15-13-18-37
黒豆きな粉豆乳ジェラート♪

と、こんなにヘビーに食べても後で全くどんより感がなくて、また行きたいなーって思えるお店が、一つ増えました。窯蔵さんの、お店への思い、食へのポリシーは帰ってから知りましたが、もう体がわかっているような感じ


と、ここまでが本題のような前置き、
天才のようなバカボン。


窯蔵さんの店内には、手づくり作家さんの委託販売棚がありまして(棚自体も、ご主人の手づくりだそう!)、物作りをしている友達の作品もたくさん置いてあるのは 事前に知っていたので、見るのを楽しみにしていました。

2016-09-15-11-54-28
半分以上が、出店などで知り合いの作家さんだー

その棚の前で、麻衣さんと「刺繍もやっているんですよねー」という話から、最近ではずーっと販売していないのです、と言うと、なんとなんと!!作品を置いてみませんか?とのお言葉をいただき!!

もう何年ぶりになるのか、分かりませんが、ひょんなきっかけから、刺繍小物の「委託販売」をさせていただくことになりました~(#^.^#)

2016-09-15-13-56-24
針がさびにくい羊の原毛ピンクッションや、
金具のエイジング塗装からやったガマ口など、
いずれも手刺繍が施してあります。


え?委託販売、びっくり!? エイプリルフールじゃないことは、羽鳥野に行って確かめて下さい(笑)。 ただし・・・・商品に動きがない場合には、数ヵ月で引っ込めることになりますので、幻の、魔女の手仕事の作品が見られるのは今だけかもしれません

皆さま、本格ピザとジェラート、手づくり作品を楽しみに、「窯蔵」さんへお出かけになりませんか~?



住所:千葉県木更津市羽鳥野5-4-12

電話:0438-37-0006

(すぐに満席になってしまうようなので、ご予約がおススメです^^)




旅行記1(遠野1日目) 馬搬体験

2016.7.22

「馬の里」遠野で馬搬をしている友人を頼って、
初めての、夜行バスでの岩手入りです

前夜23時に浦和美園駅から乗ったバスの車窓から、
空が白んでゆくのを眺めていました。

吉田 智子さんの写真

夜行高速バスは夏休みに入るか入らないかのタイミングだったこともあり、
比較的 空いていて、7時間半の乗車は 思ったより快適でした。

短い夢を見ては目覚める長い旅。。。


6:30遠野駅でバスを降り、馬搬協会の岩間敬君とおち合い、
早速、敬君の厩舎に案内してもらいました。
敬君のパートナー、あのサムライキング
お食事中で、“構ってくれるな”オーラを出しておりました(笑)

image


馬の後ろに荷を引かせる「馬搬」の練習相手になってくれたのは
彼が調教中の3才牝馬のミサキちゃんです。

 image

彼女は、日本在来の南部馬とブルトン、ペルシュロンといった重種(大型馬)の血が掛け合わされているため、体型は力仕事向きでも大きすぎず、性格は温厚で驚きにくい、馬搬向きの血統です。

最初にロングレーン(長手綱)で 倒木の丸太がゴロゴロ置いてある原っぱへ。
敬君の指示で、丸太も上手に跨ぎ、波トタンも難なくバリバリと踏んで、斜面や林のヤブの中へも躊躇なく進むミサキちゃんには驚きましたが、更に後ろに丸太を付けても同じように沈着な動き。

障害物や側溝は、いちいち通過するためのサインは出さなくても、前進と方向を指示したら、馬が自分で脚元の状況判断をして四つ脚をさばいています。これは、山に入ってどんな状況に遭遇しても、本能的に驚いて逃げ出したりせずに どう行動すべきか自分で考える馬になるための、馬の職業訓練です。


長い綱が脚元にぐるぐる絡まっても、目や耳のそばでビュンビュン縄をまわしたり、ピシャリと当たっても平気!

敏感で驚きやすい乗馬クラブのサラブレッドに慣れ親しんだ身には、頭では理解していても、この違いは聞きしに勝るもので、とても感激しました。


敬君に教わって、ロングレーンで同じことをさせてもらいましたが、乗って操作する感じと、馬の後ろに立って操作するのとでは、原理は同じでも、感覚は違っていて戸惑いましたが、ミサキちゃんが協力的で感激しました。

主に、馬のお尻が目の前にあるので、馬の前が見えないことが、行きたい方から逸れたり、首を下げて草を食べられたりする原因なのかなと思いましたが、視覚的なことより、もっと感覚的なことだと教わり、もっと練習を積みたくなりました。深い‼️



「バトンタッチしてすぐ。」
まだ、何をどうしていいのか分かってない状態・・・

「腕と腰の使い方がわかってきた頃。」
腰と腕の使い方が分かってきた頃。

「乗馬クラブの歩幅に合わせてきれいに並べられた横木と違って、ランダムに丸太がゴロゴロ置いてある練習場。」
「3歳に乗るのは初めて。ミサキちゃんも、まだ人を10回も乗せていない調教初期ながら、この後ヤブに入っても大丈夫でした。」
3歳に乗るのは初めて。ミサキちゃんも、まだ人を10回も乗せていない調教初期ながら、この後ヤブに入っても大丈夫でした。

コンテナが来た!

2016.7.13 
仕事も昼抜きで終わらせて、ソワソワ帰宅した理由はコレ。
馬の餌や馬具をしまうための、中古コンテナの荷受けです。

コンクリート壁の 馬のレリーフは、残念ながら今日で見納め。
雨予報が外れて、濃霧で済んでラッキー


鍵付きシャッターと、色指定の塗装をオプションで追加したら、
私の緑の車より高い買い物になったけど……
大きい割に 周囲の景色に溶け込んでいて、よかったです

余裕ができたら、何か描こうかな〜

「あらかじめ、コンクリートブロック8個で土台を作っておきました。」
「ユニックで吊りながら、置く位置を微調整。」
「設置して、シャッターの動作確認。」
「この服、見事に周囲のカラーと同じ‼️笑」
バックの色と、私の装いが、
上から下まで見事に被ってました!!(笑)
livedoor プロフィール
メッセージ