整理収納アドバイザー1級の魔女です。

魔女の家には、収納がほとんどありません。

ですがキッチンに関しては、住まいながら必要に応じて吊った棚と、
キッチンの脇に、引き戸付きの3畳の独立したパントリーがあります。

CIMG6379

我が家では「食」を大事にしていて、燻製も作るため冷蔵庫は2台あり
(直訳すると「食べるの大好き」というだけですが・・・・)、
私は頻繁に食料の買い出しをするのを好まないので、
パントリーは、広めに作っておいて正解でした。


今回は、ちょうど出店もひと段落したので、パントリーの中の一部、
お菓子やパンを作る粉の収納をご紹介します。

(私はよく作る方なので、粉はたくさん持っていますが
勿論、“お菓子やパンは買って食べる派”の方はスルーして下さい。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私がお菓子作りに主に使用する粉は

●きび砂糖 ●国産小麦粉(強力粉・薄力粉・全粒粉)

他の製菓材料と一緒に、ネットショップでまとめて購入しています。

CIMG9360

届いたらまず、強力粉と薄力粉の区別が一目でつくように
↓マーカーで色分けします(お察しの通り、おっちょこちょいなので・・・汗)
CIMG9361


そして、雑貨屋さん(街にあるオシャレな雑貨屋さんじゃなく、
昔ながらの金物屋さんです)で購入した、海苔缶に立てて収納しています。
茶筒を大きくしたようなもので、湿気や匂いから守ってくれます。
お店のお爺さんが、ブリキ板から切り出して手作りしたそう♪
CIMG9362

【左】のお砂糖の缶には、あられ糖、粉糖、黒糖など入ることも。
【右】は小麦粉専用。どちらも未開封のものをストックしています。

在庫量が一目瞭然なので、
ネット注文するタイミングも分かりやすいです。


CIMG9364

開封済みの粉類は、籠にひとまとめにして、パントリーの棚に。

【左列】小麦粉の他に、ホットケーキミックス、ワッフルミックスなども。

【右奥】密閉容器には、乾燥材と一緒に、
米粉・白玉粉・きな粉・片栗粉・コーンスターチ。

【右手前】残り少なくなったものや小袋は、
行方不明にならないように、まとめて手前の方に。


因みに、粉類の袋の口は、目玉クリップで閉じるのがおススメです。
開け閉めの手間が、輪ゴムに比べて少なく
プラスチックのクリップより頑丈で、見た目も気も入っています。

(粉類は、中の空気を抜いてしっかり閉じ、早めに使い切って下さい。
お砂糖には消費期限がないので、安く購入できるときにまとめ買いしてもOK)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よく、「なぜ物がたくさん見えていても すっきりしているの?」
と聞かれますが、「色と形をそろえる」のがポイントだと思っています。

私はキッチンの基本色を、シルバー・白・黒・木の色で揃えて、
差し色にモスグリーンとワイン色と決めているので、
新しいものを購入するときにも迷いません。

は、たとえばトングやお玉などは、
素材が同じで形が様々なものをひとまとめにすると
ゴチャついてみえません。

しかし!これは必要最小限の数しか持たないのが大原則になります。
機会を見て、不必要なものは処分しましょう。

年末大掃除のご参考までに~m(__)m