2016.7.22

「馬の里」遠野で馬搬をしている友人を頼って、
初めての、夜行バスでの岩手入りです

前夜23時に浦和美園駅から乗ったバスの車窓から、
空が白んでゆくのを眺めていました。

吉田 智子さんの写真

夜行高速バスは夏休みに入るか入らないかのタイミングだったこともあり、
比較的 空いていて、7時間半の乗車は 思ったより快適でした。

短い夢を見ては目覚める長い旅。。。


6:30遠野駅でバスを降り、馬搬協会の岩間敬君とおち合い、
早速、敬君の厩舎に案内してもらいました。
敬君のパートナー、あのサムライキング
お食事中で、“構ってくれるな”オーラを出しておりました(笑)

image


馬の後ろに荷を引かせる「馬搬」の練習相手になってくれたのは
彼が調教中の3才牝馬のミサキちゃんです。

 image

彼女は、日本在来の南部馬とブルトン、ペルシュロンといった重種(大型馬)の血が掛け合わされているため、体型は力仕事向きでも大きすぎず、性格は温厚で驚きにくい、馬搬向きの血統です。

最初にロングレーン(長手綱)で 倒木の丸太がゴロゴロ置いてある原っぱへ。
敬君の指示で、丸太も上手に跨ぎ、波トタンも難なくバリバリと踏んで、斜面や林のヤブの中へも躊躇なく進むミサキちゃんには驚きましたが、更に後ろに丸太を付けても同じように沈着な動き。

障害物や側溝は、いちいち通過するためのサインは出さなくても、前進と方向を指示したら、馬が自分で脚元の状況判断をして四つ脚をさばいています。これは、山に入ってどんな状況に遭遇しても、本能的に驚いて逃げ出したりせずに どう行動すべきか自分で考える馬になるための、馬の職業訓練です。


長い綱が脚元にぐるぐる絡まっても、目や耳のそばでビュンビュン縄をまわしたり、ピシャリと当たっても平気!

敏感で驚きやすい乗馬クラブのサラブレッドに慣れ親しんだ身には、頭では理解していても、この違いは聞きしに勝るもので、とても感激しました。


敬君に教わって、ロングレーンで同じことをさせてもらいましたが、乗って操作する感じと、馬の後ろに立って操作するのとでは、原理は同じでも、感覚は違っていて戸惑いましたが、ミサキちゃんが協力的で感激しました。

主に、馬のお尻が目の前にあるので、馬の前が見えないことが、行きたい方から逸れたり、首を下げて草を食べられたりする原因なのかなと思いましたが、視覚的なことより、もっと感覚的なことだと教わり、もっと練習を積みたくなりました。深い‼️



「バトンタッチしてすぐ。」
まだ、何をどうしていいのか分かってない状態・・・

「腕と腰の使い方がわかってきた頃。」
腰と腕の使い方が分かってきた頃。

「乗馬クラブの歩幅に合わせてきれいに並べられた横木と違って、ランダムに丸太がゴロゴロ置いてある練習場。」
「3歳に乗るのは初めて。ミサキちゃんも、まだ人を10回も乗せていない調教初期ながら、この後ヤブに入っても大丈夫でした。」
3歳に乗るのは初めて。ミサキちゃんも、まだ人を10回も乗せていない調教初期ながら、この後ヤブに入っても大丈夫でした。